HomeTop.htmlshapeimage_1_link_0
The WorksWorks.htmlshapeimage_2_link_0
広告 | パンフレット | パッケージ | エディトリアル | 印刷物 その他 | 写真合成/コラージュ | CI、VIロゴ | Web サイト | インターフェイスデザインAd.htmlPamphlet.htmlEditorial.htmlPrntOthers.htmlPhotoCollage.htmlLogo.htmlWeb.htmlInterface.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1shapeimage_3_link_2shapeimage_3_link_3shapeimage_3_link_4shapeimage_3_link_5shapeimage_3_link_6shapeimage_3_link_7shapeimage_3_link_8
過去仕事 アーカイブ  >>>WorksArchive.htmlshapeimage_4_link_0
 
 
パッケージデザイン:Sony Cineza Enjoy&Setup DVD / Peg Men’s Underwear Lusso Box
クライアント:ポトマック 株式会社|商品:SONY Cineza PR DVD| / クライアント:株式会社 フィーゴ|商品:Peg|背景写真:桃井一至|パッケージグラフィック:徳永 健http://www.potomak.com/http://www.figo.co.jp/http://www.peg-underwear.com/http://blog.so-net.ne.jp/gizmomohttp://www.cloud-box.com/shapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1shapeimage_6_link_2shapeimage_6_link_3shapeimage_6_link_4
「パッケージデザイン」という言葉には2つ意味があります。1つ目は、パッケージを覆うビジュアルをデザインすること。もう1つは、パッケージそのものをデザインすること。うちの仕事は、前者が圧倒的に多いです。特にCD、DVDなどのパッケージグラフィックスは、音楽CDを始め、ここに掲げたSONYのディーラー向けPRディスクまで、種類も用途も様々です。中で、このCinezaのパッケージは海外ディーラー向けということで、全篇『欧文組版』を体験できたことが収穫でした。かたやのパッケージそのもののデザインですが、これはなんと云ってもPegの商品(男性下着)を入れる化粧箱の制作が一番面白かったです。箱の仕様そのものも手が込んでいて作り甲斐のあるものでしたが、それはいつか実物を手にとってご覧いただくこととして。うちはこうしたパッケージを制作したことがなかったので、いわゆる専門業者とのお付き合いがありません。探して(あるいはご紹介いただいて)新規のお取引先を見つけても良かったのですが、試みに付き合いのあるフツーの印刷所に話を持ちかけてみたのです。上がってきた見積もりを見ても、それが安いのか高いのか?わかりません。制作納期も早いのか遅いのか?わかりません。ええい、ままよっ!と、それをそのままクライアントにぶつけてみたところ、「えっ?そんな値段で?」「えっ?そんなに早く?」と驚かれました。現在日本中のあらゆる業界で起こっている異業種の参入による『価格破壊』の仕組みって、実はこういうことなのかも?と思ったのでした。